レンタルサーバーの種類の選び方?専用サーバー?

レンタルサーバーを気軽に利用するには、共有サーバーの利用がお勧めなのですが、共有サーバーの場合、急激な集客のあったときなどに対応しきれないこともあり、せっかくのアクセスの増加を逃してしまうこともあります。

そのリスクを避けるためには専用サーバーがお勧めです。

専用サーバーというのは、ユーザーが単独になるので、自由度が高く、その上、スペックも高く、突然の集客にも耐えられることができます。

専用サーバーには、マネージド型といって、サーバーの設定やセキュリティ面などの管理を業者にお任せすることのできるレンタルサーバーになります。

ネットワークだけじゃない、トータルセキュリティを

単独で利用はしたいけれど、サーバーの管理までは手が回らない、サーバーの詳しいことはわからないという場合にお勧めです。

専用サーバーにはもう一つルートフリー型といって、サーバーを単独で利用するだけではなく、サーバーの設定も管理もすべて自分でするというレンタルサーバーとなります。

サポートがない分、マネージド型のレンタルサーバーよりは利用価格が安くなりますが、共有サーバーよりは高くなります。

全てを自由にできる分、何かトラブルが起きた場合には全て自分で対応をしなくてはなりません。

不正アクセスなどのトラブルにおいても自分で対応する必要があるので、サーバーのことに詳しくない場合は、リスクが高すぎるので、ルートフリー型はお勧めできません。

最近では、VPSやクラウドといった専用レンタルサーバーのタイプもあり、注目されています。

レンタルサーバーの種類の選び方は全ての種類のメリットとデメリットを確認した上で決めるのがベストな選び方となります。